本日 247 人 - 昨日 289 人 - 累計 286124 人
RSS
遅くなりましたが
本日18日(土)は
長岡のクックテールくぼたさんで
演奏させていただきます。


ドラムレスの
名付けて
「MINT without "I"」
またの名を
「アイのないMINT」


涼しい一日になりそうですね
お時間ありましたら
長岡、クックテールくぼたさんで
お待ちしています!!\(^o^)/


とってもお洒落なお店ですよ
詳しくはHPをご覧ください。


【SATURDAY NIGHT JAZZ TIME】

最近、クラリネットづいています。
というのも、NYBBライブの直前に
また音が出にくくなってしまい
隣にいるヨッシーさんに
急きょ、状態チェックしてもらいました。


考えてみれば、
サックスは年に一度、点検に出してきたけど
クラは「吹いてない」って理由で
定期的な点検はせず、
調子が悪いときにその部分だけ
ヨッシーさんに2度ほど直してもらっただけ。


一度、ちゃんと見てもらおうか、、、と
思いがよぎりました。


サックスには「ビンテージ」ってカテゴリーがあって
古いほどに値段が上がったりしますが
クラリネットには「ビンテージ」てカテゴリーを
見たことがありません。


クラは「グラナディラ」っていう木で作られていて
生きているのです。
永遠に成長するのか、
どこかで老化して「枯れて」しまうのか
そういうことを考えたことがありませんでした。


一生大事に使っていく物
だと思っていたけど
一生使えるのか?と、、、


私の楽器はもうずいぶん昔に買ったので
もうビンテージ手前・・・?なのです。


そして、
私の中の「クラ事情」というのは
相当前の時代で止まっていて
でも、ぜんぜんそれで困っていなかったので
良かったんです。
でも、ここらで一度、情報を集めてみようかと
思いました。


グラナディラの管体に対して
何かしらの手入れ方法などあるのか?


よく言われる「ボアオイル」
私は「必要ない派」だったのですが
長持ちさせるには必要だったんじゃないか?とか


でもボアオイルはヤマハ製。
私のクラはクランポンですが
クランポンに「ボアオイル」なるものはありません。
ってことは、やっぱりいらないんじゃないかと、、、


音が出にくい感じは
マウスピースがもう古くなって変形した?
だったら、マウスピースを替えてみようかと思ってみたり
バレルを替えてみようかとか


そしたら、バレル、、、たくさんあって
見ているだけで楽しいです。
実際に吹いてみたいですねー。
東京行きたーい。


ベルを変えるってのもあるみたいですね。
もうそこまでいったら楽器ごと変えろよと
言いたくなっちゃうけど(笑)


でも、待てよ、、、
音が出にくいのは
ただ単に私がヘタッピーになっただけなんじゃないか?


そこで、中学生が質問しているような
質問コーナーを見てみたりして
奏法に間違いがないのかをチェックしてみたりしました。


そしたら
やっぱり私、忘れていることもあって
息の入れ方とか
これはもう一度、ちゃんとロングトーンから
確認しなくちゃ、、、と思いました。


最近はグラナディラ材が手に入りにくく
「グリーンライン」ってのがあるんですね。
グラナディラの粉末とカーボンで出来てる素材。
グラナディラ材より密度のある素材で
良く響くし、クラの難点でもある「割れ」の
心配が少ないらしくて、良いみたいですね。


でも、私としてはやっぱりオリジナル
グラナディラ材にこだわりたいなー


それと、
ローズウッドで出来てるクラ、、、
ものすごくリコーダー感が溢れますね
でも吹いてみたい!


ローズウッドといえば
古楽器である「シャリュモー」だって吹いてみたいし
目を奪われたのは「バセットホルン」!
見た目もすごいんだけど
その美しい音色に釘付けになりました。
(昔のヤツ)


モーツァルトを表現するのには
今のベーム式の音色では到底無理で
エーラー式じゃないと、、、とか聞くので
エーラー式を吹いてみたいなと思っていました。


でも、バセットホルンのモーツァルトを聴いたら
これがほんとの響きなんじゃないかって
思いました。
そう、ホルンといってもあのホルンとは無関係。


などなど、、、
このお盆休みはクラリネットとの距離を縮めた
貴重な?時間となりました。


9月8日(土)
いつもお世話になっている長岡の
クックテールくぼたさんで
クラリネットメインのライブをやります。


バンド名
『南雲麻美 AU PAS CAMARADE 4』
パッキャマラード4です。


クラリネット感満載の?名前を付けました。(笑)
ちなみに、「ちゃんと練習しなさい、一歩一歩だよ」って意味だそうで。
ハイ、今の私にはピッタリかと。。。(^^ゞ


近くなったらまたご案内します。



長くなりました。
スミマセン。


グンナイ。絵文字絵文字絵文字



バセットホルンを紹介しているページがあったので。↓
バセットホルンのディープな世界

何日ぶりでしょうか、、、
雨が降ったんですよ、あの日に。


そう、NYBBの「サマーコンサート」の日です。


誰か、いたんでしょうね、雨男的な人??
もしくは乾いた大地を潤す、神がかってる人??


まあ、それはともかく、
年2回の定期(的)ホールでのライブとは異なり
フラットなこの会場は
私たちとお客様が同じ目線で
すごく密着していて(笑)
センターマイク以外はマイクなしの「生音」で
空気の振動を感じてもらえる
そんなコンサートです


そして
曲と曲の間にはたくさんMCの時間があって
メンバーそれぞれの為人が垣間見れたり
メンバー同士の仲の良さも感じてもらえたり
お客さまとNYBBが仲良くなれる
そんな時間でした。


一応、mini と言ってたけど
それほどmini感はなかったんじゃないかと、、思います。


新曲だってあったし
なんといっても、今回私がグッときたのは
ワッキーさんのEWIでした。
すごく上手でビックリ。
ビッグバンドでEWIって
ありそうで、、無い??無いよね??
たまにある?(笑)


それにレナちゃんのボーカルは
回を重ねるごとに大胆になってきて
イイですね!
しかも、MCもおもしろくなってます。(笑)


さて、私ですが
ベニー・グッドマン楽団のテーマ曲でもある
「Let's Dance」を吹きました。


地元のビッグバンドを辞めた時に
もう二度と吹くことはないと思っていました。
なので、ソロ譜、、、行方不明。。。
捨ててはいないと思うので
探しました・・・


あの頃、3種類のソロを吹いてました。(笑)
よく楽譜に書いてあるソロ
CDからコピーしたソロ
そしてもうひとつ


それはすごーーーーーーーく昔に
サックスを吹くようになる前???
〇村英〇さんにアドリブを教えてほしいと
手紙を書いて(メールとかネットの時代じゃなかった)
・・・我ながら大胆だったけど


そしたらお返事が来て
まずはグッドマンのソロを少し変えてみる
ってところからやってみましょうと。
そして
「Let's Dance」の手書きの譜面が同封されていたのです。


今回、私が吹いたのはそのバージョンでした。
譜面がそれしか見つからなかったし
逆に言えば
その譜面だけは大事にしまってあった
ということですね。



さて、NYBBですが、
次は11月11日です。
また近くなったらお知らせしますね!

では!


《Photo BY "SEKI chan"》

38439934_347945092410438_8984373032571109376_n


38542132_1351528721650648_3677944086574137344_o

8月です!!


短い新潟の夏を存分に楽しみたいと
心から思うこの頃。。。


短いからこそ
ギュッと凝縮した濃い時間を過ごしませんか?
そう、NYBB(新潟YOSSY BIG BAND)と共に!!


新潟国際情報大学中央キャンパスで
目の前で、
音が空気の振動で出来ているってことを
身をもって体感できる
そんな大迫力サウンドを楽しめます!


しかも
涼しい屋内です!!(笑)


13時半開場 2ステージあります。


1回目は14時から
2回目は15時10分から


1ドリンク付いて出入り自由。


皆さまのお越しをお待ちしています!!



36037850_2119302028309614_3978326814991843328_o

台風が逸れて
バカみたいに暑い日になりました。


久しぶりに音食で演奏しました。


リーダー飯田くんのオリジナルをはじめ
日本人ジャズジャイアンツのオリジナル曲が多い
ちょっとこだわりのある選曲になりました。


このバンド、絶対に外せない!という曲があって
それが板橋文夫さんの「スパーク」って曲。
ジャズイン長野でも2度やりましたし
毎回やってるんですよ。
もう、バンド名を「スパークリング」にしちゃえ!と
思っちゃいます。(笑)


テンポは♩=260だし
出来ないことを人前でやる、、、という
これ以上恥ずかしいことはないですね。。。


飯田くんのオリジナルもステキでしたよ。
私もオリジナルを増やしていこうと
思わずにはいられませんでした。


このバンド、
来年の6月にライブが決まっています。
近くなったらまたご案内します。


そして、その一週間後には
NYBBサマーコンサートです。
間に合うのか?私!


そちらもよろしくお願いします!




36037850_2119302028309614_3978326814991843328_o

次の5件 >>