本日 13 人 - 昨日 243 人 - 累計 477800 人
RSS

宣伝も善し悪し

明日の雑音会の準備に行ってきました。

チケットはみんなメンバーの手売りで
すごくたくさん売ったバンドもあれば
当バンドのように友達の少ないバンドもいます。(^^ゞ


そんな中、ショッキングな話を聞いちゃいました。
私はブログやFacebookで
雑音会の宣伝をしていたのですが
ついに、某著○権協会から連絡が来たというのです。


今はこうやってネットで宣伝するし
向こうも日本全国のライブを
簡単に知ることが出来ます。


ひょっとして私がチラシを載せたせいか?
と、ちょっと心が痛みました。


あんまりこういうこと書くと
某協会から目を付けられそうですので
あまり書きませんが


たまたま昨日、ツイッターでフォローしている方が
雅楽の演奏会をやり終えた後
某協会から著作権料を払えと
連絡が来たということで
「1000年前の音楽に著作権はありません」と
教えてあげた、、、と
書かれていました。


そこまできたか、と飽きれまして
リツイートしましたので
よかったら私のトップページ右側に
出ていますので見てみてください。
(14日PM22:00現在。)

*追記 ネットでも話題となっているようです。
雅楽演奏に著作権料求めるJASRAC 演奏者びっくり「千年前の作品に支払うの?」



お~、こわこわ。


事業仕分けで仕分けてもらいたかったのにな~。


私は払わないとは言いません。
私たちに素晴らしい音楽を伝えてくれた
いろんな巨匠たちに
たとえば
チャーリー・パーカーとか
マイルスとか
マーカス・ミラーなんかに
直接払いたいです。
私達が払っても
曲を提供してくれた巨匠たちに
ちゃんと届いているのでしょうか?


以前からずっと腑に落ちませんでした。
私が無知なだけかもしれませんが。


でも、
ネットで宣伝する恐ろしさを
垣間見ました。

関連記事
ブログ画像
時空を超えて (08月16日)
NO IMAGE
STAY HOMEとニュートン (05月14日)
NO IMAGE
「体感する」贅沢 (05月14日)
ブログ画像
人間の啓蟄 (05月07日)

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):