本日 327 人 - 昨日 352 人 - 累計 517497 人
RSS

思い出した感覚

数日前ですが
吹奏楽の練習に参加しました。


ここに来なければ絶対に再会しなかっただろう、、
と、思われる、懐かしい人たちにも会いました。


棒を振っているのは高校時代の後輩。
お互いに見た目は経年劣化(?)しましたが
学生服がダブって見えました。


演奏する曲は
いわゆる吹奏楽界の「ナツメロ」的なもの。
そして定番の「マーチ」。


「え?マーチって定番なんですか?!」と
先日会った後輩に言われました。
そりゃー、ブラスバンドっていったらマーチでしょ?
私は「まずしっかりマーチが吹けるように」って
言われたものです。


そういった「懐かしい」人や感情に
もうひとつ思い出した感覚があります。


それは
私が吹奏楽やオーケストラを辞めたわけ。
あ~、私、これで辞めたんだなって。
それをしっかり思い出しました。


それって書いたほうが良いですか?(笑)


ひとつ目は、ものすごく生意気な理由。
ふたつ目は、聞けば「やっぱりね」って言われるような理由。
どちらも通じるものがあり
結局はその理由はひとつなのかもしれません。


聞きたい方はメールください。
とてもおおっぴらに書けません。(^^ゞ


そして、気付かされたこと!
それは今やっている「ジャズ」ってヤツは
いろいろな高度な要素が含まれていて
(それはもう、カレーに入っているスパイスの種類に匹敵するくらい)
たくさんの音楽的なことが「高度」だということ。


ジャズをやってる私たちって
いかに自分らしく演奏するかってことに
すごくこだわっていると思うのですが
そういう私から見たら
もうちょっとなんとかならんの?って
思うところもあるわけで、、、
(アドリブ以前の話しで)


でも、吹奏楽団はチームプレイですからね
同じようにはいかないのでしょうが、、


だから、こういう団体競技の人たちも
「一人で演奏する」ということを
もっとやったほうが
頭も使うし、(笑)
耳も使うし
感性も磨かれる
と思うのです。


絶対やったほうがいい。


な~んてことを
勝手に思ったわけです。
ですので、どうでもいい話です。


いろいろ
書こうかと思ったけど
今日のところは
これにて
おわりっ!!


コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):