本日 8 人 - 昨日 341 人 - 累計 517519 人
RSS

The Night Has A Thousand Eyes『よるせん』

The Night Has A Thousand Eyes


77751CC1-B5AF-4761-9D92-68539F3EF50Aジャズ初心者の頃
この曲に出会ったのです。


タイトルが密やかな感じを醸し出しています。
夜、、、いったいどんな目が???


たしかに、事件は夜に起こりやすい。



当時の私が調べたところ
セッション入門曲として
この曲も名前がありました。


しかも
通称「夜千:よるせん」といいます。
通称があるってことはきっと
多くの人に愛されている曲なんでしょう。
当時の私、ぜひ十八番のひとつにしたくなりました。


通称を使うと
なんとなく「ツウ」っぽいですよね。(笑)
「よるせん」とか
「あわらぶ」とか


セッションで
「何やる?」
「よるせん、お願いします」
ほらね、なんかツウっぽいです。


でもアルトサックスでこれをやるとなると
KeyがGなので、アルトだとKeyE


####


なのです。


初心者の私には
セッション入門曲とはいえ
ハードルが高かったです。
ずっとその苦手感が残っていて
結局今まであまり演奏しませんでした。


今、よくよく思い返してみると
セッションでこの曲をやっている人に
出会ったことがありません絵文字絵文字


先月のMINTライブで久しぶりにやってみたら
あれ?####って結構もう慣れてるじゃん私。
あれ?LATINの部分もあるし


楽しいっ絵文字


なので
「よるせん」についてアナライズしなおしてみました。


####に怖気づいて焦ってしまわず
よーく見てみると
結構「普通」です。
こねくり回したコード進行はありませんでした。


途中で小さく転調しているところが
ミソですね。
より簡単なコードになってくれています。
小さな転調、ありがとう。(*^^)v


コード進行が普通だったので
どこでどう代理コードを使ってみるかとか
最初のLATIN部分のノリをどうするかとか
そのあたりを攻めてみたいと思います。


コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):