本日 141 人 - 昨日 169 人 - 累計 379767 人
RSS

ClaVitz チャリティライブ

さあて、、、


今日までのお盆休みも
長いようで短かったです。


いろいろ計画も立てたけど
どれも頓挫したり中途半端で


音楽活動も
夏なのに冬眠状態でした。
たまにお腹がすいたクマのように
むくっと起き上がり
ClaVitzの練習しました。


さて、そんなClaVitzですが
24日(土)13時から
長岡のジャズカフェ音食さんで
演奏します。


東日本大震災のチャリティライブです。
チャージはありませんが
1ドリンク以上のオーダーと募金を
お願いします。


よろしくお願いしますっ!


暑い暑いといいながら
夕方の風が穏やかになってきた
そんな感じの今日この頃です。


また明日から
がんばりましょー\(^o^)/


67325338_466839047479069_5877858169882935296_n

関連記事
ブログ画像
音市場 Vol.13 (09月26日)
ブログ画像
9月のライブ (08月15日)
ブログ画像
上弦の月 (08月09日)

コメント
[1] 庵爺 | 2019/08/22 08:51
クラリネット難しいです。指を抑える感覚がサックスと全然違い、指同士が重なったり引っかかったりしてしまう。リップコントロールがこれまた難しいです。マウスピースが小さ過ぎる!だから平気な顔でサックスとクラ持ち替える人尊敬します。コンサート楽しんで下さい、しかも東日本大震災のチャリティライブだもんね、偉い。
[2] mami | 2019/08/24 00:22
>庵爺さん
最近気づいたのですが、クラはサックスに比べて圧倒的にお腹の支えと息の量が必要ですね。同じように吹いても吹けます、吹けるんですけど、年々リードミスが多くなったりタンギングが下手になったりしているのは、吹き方、吹き込み方がサックス寄りになってしまい、お腹の支えが足りないんだと最近気が付きました。
クラはサックスと違い、指でトーンホールを塞ぎますから、ちゃんと塞げていると音も太くなりますよ。
このチャリティライブはリーダ―の強い思いからです。
ぜひ聴きに来てください!
[3] 庵爺 | 2019/08/25 09:09
さすが納得出来る答え。つまり管が細い分強く吹かないと、リードの振動も楽器を通る空気も弱くなって良い音色が出ない事なんですね。強く吹くためにはへそ下三寸を意識して吹く事なんですね。分かっていても難しいなぁ。
[4] mami | 2019/08/26 20:58
〉庵爺さん
「強く吹く」というとなんとなく語弊があるんですが、、、私もまだまだできていないので偉そうなことは言えませんがたぶんお腹の支えと「コロン・デール」ですよ。知ってますか?コロン・デール。
[5] 庵爺 | 2019/08/27 21:17
コロン・デール・・・分からない?
name.. :記憶する

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):